家中丸ごと浄水する「セントラル浄水器」のメリットとデメリットを解説!

家づくり
記事内に広告が含まれています。
iemori
iemori

ie守りです!

「これから建てる家」「いま住んでいる家」の性能を見る中で、耐震性能・断熱性能・室内の空気環境・水環境人が安全に安心して健康に暮らすためにはとても大事な家の性能です。その中でも水環境は軽視されがちですが、家を建てるうえでしっかりと考えなくてはいけない大事なところです。

耐震性能が高い家(地震に強い家)にすることで地震が起きても倒壊しない、地震が起きた後でも住み続けられる家になり、断熱・気密性能を良くすることで夏は涼しく冬は暖かい、季節が変わっても住みやすい温熱環境なります。断熱・気密性能を良くすると空気が動かなくなるので、換気システムを入れることで室内の空気環境を良くすることができます。

iemori
iemori

新築戸建てやリフォームするなら何を重要視する?

「水」は飲み水や料理、洗面所やお風呂に毎日使います。「水」は直接体の中に入れたり体に触れたりするもので、成人の体の60~65%は「水」でできているため「水の質」は人の健康に大きく左右します

「水の種類や浄水器の種類」「浄水器と整水器の違い」「水道水を美味しく飲む方法」については、こちらの記事で解説していますので参考にご覧下さい。水は浄水器、整水器、ウォーターサーバー、水道水と大きく分けて4つの方法で確保することができます。

浄水器には蛇口取付けタイプや水栓一体タイプなどいくつか種類がありますが、この記事ではまだあまり知られていない髪と肌を守るセントラル浄水器について詳しく解説します。

セントラル浄水器は水道管の大元から浄水するため、家中のどこの蛇口からでも浄水された綺麗な水が使えます。お風呂やシャワー、洗面やトイレにも使えるので、飲み水以外の肌や髪の健康を維持したい方へとてもおすすめする浄水器です。

これからセントラル浄水器を購入しようとお考えの方の

こんなお悩みや疑問にお答えします
  • セントラル浄水器の管理費や維持コストを知りたい。
  • セントラル浄水器を使うと、水道水の配管内は菌が繁殖するの?
  • セントラル浄水器を使うと、エコキュートの貯湯タンク内に雑菌が繁殖するの?

この記事では、セントラル浄水器のメリットやデメリット、エコキュートと併用しても大丈夫か?配管に繁殖する菌のこと、水道水の残留塩素のことなどを深堀りしていきます。

これからセントラル浄水器の購入をお考えの方には、セントラル浄水器への疑いが解消されますので最後まで読んでいただきたい内容です。

\家中まるごとオール浄水器ソリューヴ/

家中の水道を丸ごと浄水するセントラル浄水器とは

セントラル浄水器とは、家の水道管の元栓部分から浄水するため、家中のどこの蛇口からでも浄水された綺麗な水が使えます。浄水したお湯はお風呂のお湯や浴室のシャワーにも使えます。「肌や髪にも塩素を除去した優しい水」家中どこでも使うことが可能です。さらには、水道管の大元から赤サビの原因の塩素を除去するので、水道管内にサビが発生しにくいので水道管が痛みにくいメリットもあります。

一般的な浄水器は水道の蛇口部分や、カウンターに据え置くタイプなど水道の出口部分で浄水しますが、セントラル浄水器の場合は水道メーターの元栓部分に浄水器を取付けるので、家中の全ての水が浄水になる仕組みです。

セントラル浄水器のメリット

セントラル浄水器は、家庭全体に高品質の水を提供することで、健康面や経済面、環境面で多くのメリットをもたらします。

特に、水の品質を重要視する家庭や、敏感肌のメンバーがいる家庭にとって、大きな利点があります。

水道メーターの元栓部分から浄水するので、一般的な浄水器と違い、お湯がフィルターを通ることがないのでフィルターの劣化を気にすることなく、浄水されたお湯をたっぷりと使うことができます。気兼ねなく浄水した水が使えるというのは、セントラル浄水器ならではのメリットです。

家中丸ごと全ての蛇口から浄水を楽しめます。

iemori
iemori

戸建て、集合住宅、店舗や施設など、敷地内で使われる水道水を全て浄水にすることができます。

水道メーターの元栓部分から浄水するので、飲み水だけでなく、お米を研いだり料理に使ったり、お風呂のお湯やシャワー、洗濯や洗面での洗顔、トイレの温水洗浄にも使え、ペットやガーデニングの水もすべて清潔で安全になります。

●飲み水に
活性炭とセラミックフィルターで水道水に含まれる残留塩素トリハロメタン鉄錆鉛や農薬などの重金属をしっかり吸着除去して、石清水のようなおいしい水をつくり、家中すべての蛇口から飲むことができます。

●製氷機で作る氷に
製氷機で作る氷も塩素を取り除いたおいしい水を使うので、とうぜん氷もカルキ臭のないおいしい氷を作れます。ハイボールや焼酎などのお酒や、ジュースやお茶にもおいしい氷を使うことで雑味の無い素材そのものの味を楽しめます。



●お料理に
お米を研いだり炊くときに美味しい水をお米に吸収することで、美味しいご飯を炊けます。お茶やコーヒーにも浄水した雑味のないお湯を使うことで、香りを引き立たせて素材そのものの味を楽しめます。味噌汁や煮物には素材のうまみを引き出し、美味しい食事を楽しめます。

●キッチンに
食材のビタミンを壊さないので栄養をそのままで、野菜を水に浸しておくとシャキッと元気に食感がよみがえります。



●お風呂やシャワーに
残留塩素がタンパク質からなる髪のキューティクルを傷め、皮膚のタンパク質を酸化・分解します。残留塩素を除去することで髪や肌へのダメージを減らします。サーフィンなどマリンスポーツの痛みやすい髪や日焼けには、塩素の刺激のない優しい水を使えます。

浄水は肌の保水や保湿の低下を防ぎ、枝毛や痒みも抑える効果があります。肌の弱い赤ちゃんや高齢の方の皮膚や髪への刺激を減らすこともできます。



●洗濯機に
塩素による白い衣類の黄ばみを解消し、柔軟剤が少なくなり洗濯物の仕上がりが良くなったり、衣類に残る塩素が無くなることで塩素アレルギーが改善した人もいます。塩素による衣類の色落ちの進行を遅らせることができる。

●トイレに
塩素が除去されることで水垢が付きにくくなり掃除の手間を減らすことができます。さらには、温水便座のシャワートイレも塩素が除去されることでデリケートなお尻まわりに体に優しい水を、毎日安心して使えます。塩素が残る水をお尻まわりから直接吸収することで、大腸がんの増加が疑われていることも知っておきたい情報です。


●ペットやガーデニングに
美味しい水は大事なペットやお花、家庭菜園の野菜や果物も元気に成長します。

●洗面化粧台に
毎朝の洗顔で塩素を除去したピリピリしない優しい水を、アトピーや肌荒れの方にも安心して使うことができます。歯磨きにも浄水を!洗面に水垢が付きにくくなるので掃除の手間を減らすことができます。

健康面が向上する!

セントラル浄水器は、水道水に含まれる有害物質や不純物を効果的に除去します。これには、塩素、鉛、農薬、細菌、ウイルスなどが含まれます。これにより、飲料水や料理に使う水の質が向上し、健康面でのメリットが期待できます。

大容量の浄水力

一般的な浄水器に比べ圧倒的な浄水量で、一度設置すればいくら使っても浄水コストは同じです。セントラル浄水器のメーカーによって浄水能力が変わりますが、ソリューヴの場合だと平均490tといった大容量の浄水が可能です。4人家族で1日1tの水を浄水すると、塩素のみの浄水で490日間なので約1年半の期間フィルターを使うことができます。

家電の寿命延長

洗濯機、食洗機、給湯器などの家電製品は、水中のミネラルや化学物質によって劣化することがあります。セントラル浄水器を使用することで、これらの成分を除去し、家電製品の寿命を延ばすことができます。

コストの削減

家全体で浄水された水を使用することで、ボトルウォーターの購入や、個別の浄水器やフィルターの交換費用を節約できます。また、家電製品のメンテナンスや修理費用の削減にもつながります。

環境保護

ボトルウォーターの使用を減らすことで、プラスチックごみの削減に貢献できます。これにより、環境保護にもつながります。

\家中まるごとオール浄水器ソリューヴ/

セントラル浄水器のデメリット

セントラル浄水器には多くのメリットがありますが、いくつかのデメリットも考えられます。初期コストの高さ、設置工事の必要性、メンテナンスコスト、スペースの確保、水圧への影響なども考慮する必要があります。購入を検討する際には、これらのデメリットも踏まえて、総合的に判断することが重要です。

初期コストが高い

iemori
iemori

セントラル浄水器の設置には高額な初期投資が必要です。

システムの購入費用や設置工事の費用がかかるため、初期コストは個別の浄水器やフィルターに比べて高くなります。

設置工事が必要

セントラル浄水器は住宅全体の配管システムに接続する必要があるため、設置工事が必要です。特に既存の住宅に後から導入する場合、工事が複雑になり、時間と費用がかかることがあります。

メンテナンスが必要

定期的なメンテナンスが必要です。フィルターの交換やシステムの点検を定期的に行わないと、効果が低下する可能性があります。メンテナンスにはコストと手間がかかります。

フィルター交換のコスト

セントラル浄水器には大型のフィルターが使用されており、これらのフィルターは定期的に交換する必要があります。フィルターの交換費用も長期的には無視できないコストとなります。

スペースの確保が必要

セントラル浄水器のシステムは比較的大型であり、設置するためのスペースが必要です。特に小規模な住宅やアパートメントでは、設置スペースの確保が難しい場合があります。

水圧への影響

一部のセントラル浄水器は、水圧に影響を与えることがあります。特に水の使用量が多い家庭では、水圧が低下する可能性があります。

このようなデメリットによってセントラル浄水器を選ばなかった方も多いと思います。この情報が事実なのかをエコキュートのメーカーなど多くのサイトから調べました。

全ての不純物を除去できるわけではない

セントラル浄水器は多くの不純物を除去できますが、全ての有害物質を完全に除去できるわけではありません。特定の重金属や化学物質など、特定のフィルターでは対応できない物質も存在します。

日本の塩素基準と世界の塩素基準を比較する

セントラル浄水器のメリットとデメリットが分かったところで日本の水道水の塩素基準を見ましょう。水の種類や浄水器の種類についてはこちらの記事をご覧ください。安全と言われている日本の飲み水は本当に安全なのでしょうか?世界の塩素濃度と日本の塩素濃度を比較して、もう少し残留塩素について理解を深めましょう。

iemori
iemori

塩素濃度の基準を世界的に見ることが大事ですね。

日本の水道水は、1957年(昭和32年)に制定された法令により、蛇口で検出される塩素の濃度(残留塩素濃度)を0.1mg/L以上保持するよう定められています(水道法施行規則第17条第3号)。

一方、塩素濃度が高いと味やにおいに影響を与えることから、快適に水道水を使えるための指標として、蛇口での残留塩素濃度の上限を1mg/L以下に抑えるという水質管理目標値も設定されています。

世界保健機構(WHO)によると、残留塩素(水道水中に残留している塩素の濃度)が5mg/L以下であれば、体重60kgの人が1日2リットルを毎日飲み続けても健康に影響はないとされています。

日本の水道水の各自治体の残留塩素濃度は0.3mg/L~1.1mg/Lとなっています。沖縄市が数値が高く1.1mg/Lの残留塩素濃度になり、日本の水質管理目標値を越えている値です。

遊泳用プールの厚生労働省が定める水質基準には、”遊離残留塩素濃度は、0.4mg/L 以上であること。また、1.0mg/L 以下であることが望ましいこと。”とあります。

アメリカでの塩素濃度は0.50ppm(mg/L)以下、フランスでの塩素濃度は0.1ppm(mg/L)以下、ドイツでの塩素濃度は0.05ppm(mg/L)以下とされ、下限はありません。

iemori
iemori

これらのことから分かるように

日本の塩素濃度の基準は他国の上限値を大幅に超えていることが分かります。それどころか、プールと水道水の水質基準の塩素濃度を見るとほぼ同じ基準というのも驚きです。日本の水道水は海外から見て「0.3mg/L~1.1mg/L」はかなり高濃度で1.1mg/Lの沖縄市ではプールと同じほどの塩素濃度です。

この塩素濃度が違いすぎる日本とドイツですが、日本の水道水は川やダム湖からの地表水を浄水場で塩素などを投入し、水を洗浄して飲み水としているのに対して、ドイツなどヨーロッパでは湧き水や地下水から取水していることが多いため、微生物・雑菌が少ないので塩素消毒をする必要性が低くなります。

そのためドイツでは土が浄化するので基本的には塩素消毒はしないようです。日本の川やダム湖は微生物や雑菌が多いので、塩素消毒をして各家庭に安全な水を届けるのが目的になっています。その他の海外では、浄水コストをかけて飲める水道水にするよりも、ミネラルウォーターを販売したほうが安いという考えの国も多く、塩素濃度が低い国の水道水は飲み水になっていない国もあるようです。

水の種類や浄水器の種類や浄水器の選び方を知りたい方はこちらで詳しく解説していますのでご覧下さい。

塩素とトリハロメタンの危険性を考える

お風呂のお湯やシャワーに塩素が残っていると、塩素は気化しやすいので塩素ガスとして吸収することになります。お湯に含まれる化学物質の20%~90%は呼吸や皮膚を通して体内に吸収されるといいます。

トリハロメタンは地域の浄水場で塩素を使用して水を消毒する過程で、汚れた水と結びついて生成されます。世界保健機関(WHO)の国際がん研究機関(IARC)では、トリハロメタンの中に含まれる「クロロホルム」と「ブロモジクロロメタン」を「ヒトに対して発がん性を示す可能性がある物質(Group2B)」に分類しています。

セントラル浄水器とエコキュートの併用はできるのか?

セントラル浄水器のことを調べると「浄水した塩素を除去した水を給湯機で使うとタンク内で菌が繁殖してお風呂のお湯がバイ菌だらけになる」といった情報が出ています。このような情報によってセントラル浄水器を諦めてしまった人もいると思うのでエコキュートと併用可能なのか解説します。

この情報については、エコキュートのお湯を沸かす仕組みと、お湯を沸かすと塩素はどうなるのかを調べると分かります。

エコキュートの仕組み

提供パナソニック

エコキュートはヒートポンプユニットのファンによって大気中の熱を吸収します。吸い込まれた熱は自然冷媒(CO2)が吸収し、熱を吸収した自然冷媒は圧縮機によって高温になります。高温になった自然冷媒が熱を水に伝えてお湯を作ります。

熱を伝えられた水はお湯になり、貯湯ユニットで約65℃~90℃の温度で貯湯されます。貯湯タンク内の高温になったお湯(塩素の抜けた)を、設定温度になるように水(塩素含む)を混ぜてから、キッチンやお風呂や洗面に給湯するような仕組みになっています。

高温になった自然冷媒が熱を水に伝えるので、水道水に塩素が含まれていないとお湯が沸かないことなどなく、塩素が入っていようが浄水だろうが水側熱交換器によって熱が水に伝わります。

iemori
iemori

なので、浄水でも全く問題ありません。

お湯を沸かすと塩素はどうなる?

水道水を沸騰後に10~30分程度加熱させると、残留塩素とトリハロメタンを除去することができます。

ここで気を付けたいのは短時間の沸騰です。発がん物質のトリハロメタンは沸騰直前に加熱前の1.0~3.6倍に増加する性質があります。

エコキュート貯湯タンク内の塩素はどうなる?

エコキュートに貯湯されているお湯は65℃~90℃で保温されるので、水道水に含まれる塩素やトリハロメタンは貯湯タンク内で抜けてしまいます。塩素は熱に弱く、塩素のミネラル分が固形化して水に溶けない石灰型のカルシウムなどが貯湯タンク内にこびりつき固まってしまいエコキュートの故障の原因になることもあります。

●対策としては、定期的に貯湯タンク内の水抜きをすることでタンク内に沈殿した水垢や不純物などを排水してタンク内を清潔に保つことでエコキュートの寿命を延ばすことができます。

エコキュートの貯湯タンク内には雑菌が繁殖するのか?

食中毒の原因となる菌は熱に弱く、75℃で1分以上の加熱で死滅します。エコキュートの仕組みでお伝えしたように、エコキュートは約65℃~90℃の温度で貯湯されるので、基本的には雑菌が繁殖する心配はありません。

貯湯タンク内の水質は?

・塩素が抜けた浄水を使う場合は、高温で貯湯されるので雑菌が繁殖することはありません。
・残留塩素が残る水道水の場合は、高温で貯湯されることで塩素が抜けた熱湯になります。

エコキュートのメーカーは、貯湯タンクに貯まったお湯を飲料用としては推奨していません。貯湯タンク内のお湯は高温で保温され塩素が抜けてしまっているので、水道法に定められた飲料水の水質基準を満たしていないのが理由です。

セントラル浄水器の設置の有無に限らず、貯湯タンク内のお湯は塩素が無く劣化しやすい状態なので、飲料水としての基準は満たしていません。

給湯されるお湯の塩素濃度は?

高温で貯湯されると、浄水でも水道水でも塩素が抜けた熱湯になりますが、エコキュートではその熱湯に水を混ぜ、設定温度になるように温度調整をします。その調整する水が「浄水」か「塩素を含む水道水」によってお風呂の塩素濃度が変わります。

・貯湯タンク内で、浄水を高温にした熱湯に、浄水を混ぜて設定温度に調整したお湯は、塩素の無いお湯になります。
・貯湯タンク内で、残留塩素を含む水道水を高温にして塩素の飛んだ熱湯に、残留塩素の含む水道水を混ぜて設定温度に調整したお湯は、塩素濃度の低いお湯になります。

塩素を除去した配管内は菌が繁殖するのか?

セントラル浄水器を水道元栓部分に設置することで、フィルターで除去された塩素濃度は0.02mg/Lまで下がります。塩素が除去されると「浄水器から蛇口までの配管内で菌が繁殖する」というデメリットを目にします。

iemori
iemori

塩素がない状態の配管内では菌が繁殖するのでしょうか?

塩素濃度の低い海外を見てみましょう。ドイツやヨーロッパの塩素濃度は 0.05mg/L以下であることが国の基準です。自然に近い形で良質な水を確保する考えなので、水の取水方法の違いからほとんど塩素消毒をしていません。では塩素消毒をしない国の配管はバイ菌だらけで飲めないのでしょうか?

健康上のリスクから塩素消毒を禁止にしている国もありますが、ヨーロッパでは水道水を安全に飲める国が多くあります。飲み水として世界一安全性の高いアイスランドでは塩素消毒をしていません。塩素がないと配管内に菌が繁殖するなら、ヨーロッパでは水道水が飲めなくてもおかしくないですが、衛生施設としても世界一になる国もあるくらいです。

配管内で菌が繁殖する要素とは

菌の繁殖には、水・光・空気・温度が繁殖するための重要な要素になります。この4つの要素の1つが欠けても基本的には雑菌は繁殖しません。繁殖するための条件を満たす必要がありますので、光と空気のない水道管の密閉空間にセントラル浄水器によって殺菌された浄水が通る配管内では条件を満たないので雑菌が入る要素がありません。

注意すること

配管内では菌が繁殖する条件を満たしませが、水道管の蛇口付近は空気に触れてしまうと菌が繁殖する可能性が高くなります。そのことから厚生労働省は、水質について責任を負う水道事業者に対して、配管状況や使用状況によって水質が悪化する可能性があるという事を周知させる目的の文書を出しています。

セントラル浄水器のフィルターから蛇口までの距離をなるべく短くするように設置位置を検討し、定期的にメンテナンスをして正しく使いましょう!セントラル浄水器は水道配管に直結しているので外気と触れることはなく雑菌が繁殖する可能性は低い浄水器です。

セントラル浄水器『ソリューヴ(SOLUVE)』とは

ソリューヴは水道管の元栓に設置するだけで家中の水をクリーンにするセントラル浄水器です。

ソリューヴで蛇口から出る水がおいしくなります

活性炭とセラミックフィルターで水道水に含まれる残留塩素トリハロメタン鉄錆鉛や農薬などの重金属をしっかり吸着除去して、石清水のようなおいしい水をつくります。

ソリューヴの例で言えば、平均490tまで浄水可能です。4人家族で1日1tのお水を使用する場合、塩素のみの除去で490日間(約1年半)フィルターを使うことができます(490日間、連続で水道水を流し続けた場合)。(ただし、塩素以外のトリハロメタン、鉛、農薬など貴金属系物質の除去も合わせると、使用期間は約1年という計算になります。)

カートリッジ交換約1年、一日のコストは約80円。

本体価格258,000円に取り付け工事に別途71,500円(税込)が実費でかかります。

セントラル浄水器は家の水道水を丸ごと浄水するので継続的な費用は安くなります。ずっと浄水器を使うならとても経済的です。

\家中まるごとオール浄水器ソリューヴ/

まとめ

人が健康に暮らすためには水道水の「水の質」がとても大事です。水を安全においしく飲むには水のことを良く知ることです。水は多くの種類があり、水の確保する方法も多くあります。その中で、手間とコストをかけずにおいしく水を飲む方法として浄水器があり、蛇口に直接付けるタイプやキッチンのカウンターに常設するタイプ、家を丸ごと浄水するセントラル浄水器などがあります。

日本の水道水は、飲み水として健康に影響がないほどの塩素濃度になっていると言われていますが、赤ちゃんからお年寄りまで個人差があるので塩素濃度は極力低くしたいですね。海外と日本の塩素濃度を比べると日本の塩素濃度の基準は海外よりも高く設定していることが分かります。日本の水道水は河川の水を塩素を使って消毒洗浄して飲み水としていますが、ヨーロッパでは湧き水や地下水を塩素を使わずになるべく自然に近い形で飲み水にしています。

水道水をそのまま飲んでも残留塩素による健康被害が起こる心配は基本的にはないと言われていますが、お風呂やシャワーに残る微量な塩素を呼吸や皮膚から吸収してしまい、残留塩素による髪や肌への影響が気になるという方も多いようです。そこで、キッチンの水だけでなくお風呂や洗面やトイレの水まで「家中丸ごと浄水するセントラル浄水器」を使うことで、お風呂やシャワーのお湯の塩素を無くすことで皮膚や髪への刺激を減らすことができます。

お家もお財布も健康も守り、暮らしを豊かにすることができる、家中まるごと浄水生活をはじめてみませんか?

\家中まるごとオール浄水器ソリューヴ/

水の種類や浄水器の種類や浄水器の選び方を知りたい方はこちらで詳しく解説していますのでご覧下さい。

この記事を書いた人

執筆者ie守りのプロフィール・「材木・建材・住宅設備販売業」を営業職として15年以上勤務し、新築やリフォーム物件の建築資材を営業販売するお仕事をしています。

・家を建てる大工・工務店さんへ、「常に新しい商品を提案する」ことを心がけています。建築資材の営業販売の経験を生かした、建築会社から出てこない価値ある情報を発信します。

・「建築業界のリアルな体験談を発信して、後悔しない家づくりをして毎日がHappyになるための情報をお届けします」

Xアカウント:ie守り(いえもり)の家守りノートでは家づくりに関する最新情報を発信中です!

\家中まるごとオール浄水器ソリューヴ/

コメント

タイトルとURLをコピーしました