キッチンを選ぶポイントと耐久性の高いおすすめのキッチンメーカー4選!

家づくり
記事内に広告が含まれています。
iemori
iemori

ie守です。

暮らしの中で欠かせないキッチンだから、自分たちのこだわったおしゃれなキッチンにしたいですね。

見た目も可愛く格好良く、収納力も機能性も充実し、キッチンの前に立つだけでテンションが上がっちゃう、毎日の家事が楽しくなる!そんなキッチンがほしいのではないでしょうか。

キッチン選びは夢や想像が広がりワクワクしますが、クリナップやタカラスタンダードなど、キッチンメーカーがたくさんあってどのメーカーが良いのかキッチン選びに悩みます。

これから新築、リフォームする方の

こんな疑問にお答えします
  • キッチン選びでどんな悩みがあるか?
  • 多くのキッチンメーカーがあって、どこのメーカーが良いのか分からない。
  • 耐久性が高いおしゃれなキッチンメーカーはどれ?

各メーカーそれぞれに特徴があります。特徴や価格帯、オプションを比較して自分たちのライフスタイルに合わせたメーカーを選ぶことで後悔しない家づくりをすることができます。

この記事では、週末限定の料理男子で、普段は工務店さんへシステムキッチンを販売しているie守りの経験からのおすすめキッチン4選紹介します。

夫婦で使えるキッチンを選ぶ!

iemori
iemori

システムキッチンは女性が選ぶモノから夫婦で一緒に選ぶモノに変わってきています。

生活スタイルが変わり、アウトドアブームになり料理男子が増えてきました。そんな私も週末だけ料理男子をしています。週末はキャンプで料理をする感覚で料理しています。

料理男子になったきっかけは、もともと1人暮らしで自炊していたこともあり料理に対する抵抗はそこまでありませんでした。結婚して家を新築してから新しいキッチンで料理にハマりました。

共働きなので週末くらいは料理を手伝おうと思ったのがきっかけで、シチューやカレーからスタートしました。

自分の好きな音楽を聴いて、ビールを飲みながら夕飯を作るスタイルにハマりまっています。料理をしてる最中は嫌なことを忘れてるのも良いですね。

自分が食べたいモノを優先できて、尚且つ料理してれば妻に色々と小言も言われないところも私としては大きなメリットですね笑

iemori
iemori

子供たちに美味しい!って言われる喜びも覚えました。

ハンバーガーを作ったり、タコライスを作ったり、レシピを見れば凝った料理じゃなければ何でも作れるようになりました。子供たちと一緒に料理することもあります。

これからのキッチン選びは奥さま主導で、旦那さまの意見も上手く取り入れていくと、夫婦二人がストレスなく使えるキッチンになります。

システムキッチンのメーカーの選び方

キッチンメーカー選びをする際には、メーカーごとの特徴やグレード、オプションを比較しましょう。

見た目のデザイン性から、耐久性や使いやすさ、掃除機のしやすさの中で何を重視するのかで決めるメーカーが変わってきます。

多くのメーカーは3つのグレードで展開していて、高価格帯、中価格帯、低価格帯に分かれて、価格帯ごとに使っている素材が人工大理石からステンレスに変わったり、色柄の種類が増えます。

iemori
iemori

下にメーカーごとの特徴をまとめましたので選ぶ参考にしてください。

ショールームを見て選ぶ

2社くらい候補が決まったら、ショールームで実際に見て触れて素材感などを確認しましょう。ワークトップやシンクや扉など色柄や硬さを触れてみたり、掃除のしやすさや使い勝手など予算に合わせたプランの相談をしましょう。

ショールームでプラン作成する

その際に平面図が有れば持って行きましょう。図面を持って行くことで、より詳細なプランの作成ができます。

ショールームでプランを作ると見積もりやプレゼンシートなど、お客様のご希望に合わせたプランが建築会社へ届きます。

建てる建築会社によっては、水廻りの標準仕様メーカーが決まっている会社もあるので、好きなメーカーを選ぶことができるのかを先に確認しておく必要があります。

iemori
iemori

キッチンプランが数社出来たら見積もりを比較しましょう。

キッチンを選ぶポイントとは?

調理道具と食器へ最小限で取り出せるような使い勝手や、日々の掃除のしやすさ、オプションで浄水器内蔵にすればワークトップも広々と使えますのでチェックしておきたいところです。

理想的な暮らしからレイアウトを考える

キッチン作業を楽しくスムーズにこなすには、レイアウトの種類レイアウトのバリエーションから、LDKとの位置関係やどんなレイアウトが作業しやすい家事動線になるのかを決めていきましょう。

対面か壁付けか、I型かL型かアイランドかレイアウトは理想的な暮らしを具体的にイメージして決めていきましょう。

出典:クリナップ

使い勝手をシミュレーションする

将来は夫婦仲良く子供と楽しく料理をするのか、テレビを観ながらや子供の勉強を見ながら料理をするのかなど使い勝手をシミュレーションしましょう。

理想の生活スタイルに合わせたキッチンプランを旦那様としっかり話し合うことで旦那様もストレスなく料理をすることができます。

利き手ワークトップシンク冷蔵庫位置関係をシミュレーションして作業しやすい家事動線を決めましょう。

キッチンの高さは使う方の身長に合わせて変えることができます夫婦で話し合いベストな高さを決めましょう。

キッチンデザインや素材を選ぶ

全体的のデザイン性や扉カラー、使っている素材は毎日のキッチン作業に彩りをプラスしてテンションが上がるところです。

iemori
iemori

お気に入りの素材を見つけるのも楽しみたいですね。

ワークトップとシンクは料理をする上で、使っている時間が長くなるところで傷も付きやすくなるので、耐久性の高い材質を選びたいです。使いやすい広さと利き手との位置関係をチェックし、ストレスなく作業ができるキッチンプランを作りましょう。

耐久性の高いキッチンを選ぶ

耐久性の高いキッチンでチェックが必要なところは、キッチンの構造部分扉の材質収納の底板ワークトップとシンクの材質です。

その他、水栓金具の劣化による水漏れ、扉のエッジ部分のはがれ、はキッチンの劣化による不具合が起こりやすいところです。

多くのメーカーは木製の構造を採用しています。耐久性の高い構造ではステンレスやホーローを採用しているメーカーもあります。ステンレスやホーローは水に強くサビにくくカビにも強い材質です。

ワークトップの天板やシンクはステンレスだと傷が付きやすいデメリットはありますが、サビに強く汚れを落としやすいのでお掃除しやすいところがメリットです。人造大理石よりコストを抑えることができるのもステンレスの良いところです。

人造大理石は凸凹がないのでお掃除が楽になり、熱や衝撃にも強く、傷が付いてもヤスリなどで研磨すれば消すこともできます。デメリットとしてはシミが目立つようになることもあります。

キャビネットの底板をステンレスやホーローにすることで調味料などの汚れが付いてもお掃除しやすくなり耐久性も高くなります

オプションを選ぶ

出典:パナソニック、幅60cmフロントオープンタイプ NP-60EF1W

食洗機で人気が高いミーレは圧倒的な大容量のフロントオープンに、センサーで汚れを感知して洗い方が変わる「予洗い不要」なところも家事が楽になる機能です。2023年12月22日にパナソニックからフロントオープン食洗機が発売されていますので国産のフロントオープン食洗機も要チェックですね。

IHクッキングヒーターかガスコンロどちらにしますか?IHは火を使わないので、安全性が高くお掃除が楽、太陽光発電で使えるなどのメリットがありますが、停電時に使えないといったデメリットもあります。

ガスコンロは高火力で停電時でも使えますが、火災や火傷の危険性やお掃除が面倒といったデメリットがあります。

浄水器は後付けにしますか?浄水器内蔵のキッチン水栓にしますか?後付けの場合は浄水器をシンク廻りに設置するため、浄水器を置く位置が必要になるのでワークトップが狭くなります。浄水器内蔵キッチン水栓の場合はカートリッジのランニングコストが割高になります。

\「胃腸症状の改善効果」が認められた管理医療機器です/
出典:パナソニック、クッキングコンセント

コンセント位置もキッチン選びと一緒に検討しておくといいでしょう。後付け浄水器やミキサーなどワークトップで使う家電の電源をどこで確保するのかを決めておくとワークトップでの作業がしやすくなります。キッチンにコンセントが付いているタイプもありますので要チェックですね。

出典:トクラス/タッチレス水栓

シンクで水作業をする場合、水を出したり止めたりを頻繁に繰り返します。タッチレス水栓なら汚れた手でも手をかざすだけで水を出したり止めることができます。ハンズフリー水栓は吐水口に物や手を差し出すことで操作ができます。どちらも節水効果が高い水栓です。

特に重要なオプションの紹介をしました。後から変更ができないものもありますので、後悔しないためにも、キッチンプランを作成しているタイミングでしっかり計画しましょう。

耐久性の高いおしゃれなキッチンメーカーのオススメ4選

多くのキッチンメーカーの販売経験から、耐久性の高い特徴のあるキッチンに絞ったおしゃれなメーカーを4選紹介します。

クリナップ

クリナップは、日本を代表するキッチンメーカーの一つであり、高品質なキッチン製品を提供しています。1949年に創業され、長い歴史と豊富な経験を持つ企業です。そのため、多くのユーザーから高い信頼を得ています。

出典:クリナップ

ステンレスキャビネットキッチンの「セントロ」「ステディア」とコストを抑えた木製キャビネットの「ラクエラ」の3つのシリーズで様々なニーズに対応しています。

ステンレスキャビネットは錆びにくく熱に強い耐久性が高い素材です。内部の枠組みや底面まで徹底的にステンレスを使用しているので長期間の使用にも耐えます。

ステンレスは木製よりも湿気に強く、匂いやカビの発生を抑えてくれるメリットもあります。匂いを抑えるステンレスはお魚料理が多い私たちの生活にもマッチした素材です。

ステンレスのワークトップは防菌性があり、衛生的なキッチン環境を保つのに適しています。ステンレスの光沢感が清潔感を与え、キッチンを明るく演出します。モダンなデザインと相性が良く、スタイリッシュなキッチンを作ることができます。

以上のように、クリナップは高品質で信頼性の高いキッチンメーカーであり、幅広い製品ラインナップと使いやすさ、耐久性、環境への取り組みなどが特徴です。自宅のキッチンをリフォームや新築する際には、クリナップの製品を検討する価値があります。

クリナップのショールームを見てみる

タカラスタンダード

タカラスタンダードは、日本の住宅設備メーカーで、1954年に設立されました。初期は金属加工業を主力としていましたが、その後、キッチンや浴室などの住宅設備分野に進出しました。現在では日本を代表する住宅設備メーカーの一つとして長い歴史と高い信頼を誇っています。

出典:タカラスタンダード

独自開発の高品位ホーロー素材の「レミュー」「トレーシア」「エーデル」とコストを抑えた木製キャビネットの「リフィット」の4つのシリーズで様々なニーズに対応しています。

「高品位ホーロー」は丈夫な鉄のベースにガラス質を焼き付けて生まれた、金属とガラス質が結合した夢の素材です 。

ガラスは、水、熱、ニオイに強く、さらに見た目も美しい素材です。タカラのホーローは鋼板に凸凹を付け、ガラス質との密着力をアップさせているので、お鍋のホーローとは丈夫さの度合いが違います。

タカラスタンダードのキッチンは、汚れが染み込まないホーロー素材なので、日々のお手入れは水拭きだけで大丈夫です。油が跳ねやすいレンジフードやコンロの掃除も楽々です。ゴシゴシこすってもキズがつく心配もなく、高温による焦げや変色も発生しないので、長く安心してお使いいただけます。

この丈夫さは一度見る価値ありです。

タカラスタンダードのショールームを見てみる

タカラスタンダードは高品質で信頼性の高いキッチンメーカーであり、近年ではデザインも重視されています。高品位ホーローは圧倒的な耐久性を誇ります。自宅のキッチンを新築や改装する際には、タカラスタンダードの耐久性を検討する価値ありです。

トクラス

出典:トクラス/キッチン/Collagia

トクラスの人工大理石カウンター&シンクは、素材の研究・開発から成形まで自社で一貫しておこなっています。国内初の人工大理石カウンターは発売から45周年経ちこれからも進化していきます。高級感のある「コラージア」と明るくカラフルな「ビービー」の2つのシリーズで様々なニーズに対応しています。

人工大理石カウンターは350℃に空焼きしたフライパンを10分間放置しても、割れたり変色しにくく、重さ198gの鋼球を1mの高さから落としても割れません。厚みのあるムク素材でできていますので細かい傷が付いても研磨材付きナイロンたわしで美しさが戻ります。日常のお手入れは水拭きだけで簡単に汚れを落とせます。

トクラスの塗装扉は汚れが入り込む隙間がなく、耐久性に優れています。トクラスの熟練の塗装技術者が1枚1枚手作業で豊かな表情に仕上げます。

何度も研磨と塗装を重ねることで鏡のように美しい仕上がりになります。もともとYAMAHAだったので、ピアノ塗装の鏡面の仕上げが美しい扉です。100年以上にわたり伝承され、進化し続けてきた技術だからこそ、永く使い続けたキッチンでも美しさが衰えません。

トクラスのキッチンは快適なくらしを徹底的に追求した企画・デザイン、そして高い品質を保つための厳格な品質管理をしているからこそ、今日まで多くのお客様から選ばれ続けています。トクラスの強みは長年の歴史で培ってきた技術力です。この技術力はキッチン選びの検討材料に入れる価値ありです。

トクラスのショールームを見てみる

ウッドワン

出典:ウッドワン/スイージー

ウッドワンは1935年の創業以来、木とともに歩んできた木質総合建材メーカーです。ニュージーランドの広大な森を活用し、苗木を育てることから始め、自社で植林・育林した木を加工し、内装建材・キッチンや洗面台・構造材として販売しています。

出典:ウッドワン/フレームキッチン

木を育てている会社がつくる無垢の木のキッチンの「スイージー」「ちっちゃいスイージー」「コノママ」鉄のフレームと無垢の木を組み合わせた「フレームキッチン」4つのシリーズで様々なニーズに対応しています。

一つずつ、丁寧に、人の手でつくりあげるキッチン。研磨、塗装、乾燥、組み立てと、さまざまな工程のほとんどが手作業で行われています。ウッドワンでは、ニュージーパイン、ウォールナット、オーク、メープルの4種類の樹種から、家具を選ぶような感覚で好きな無垢の木を選ぶことができます。

ウッドワンのキッチンは使いこむほどに経年変化によって深みのある飴色に変わり、味わい深く美しさを増していきます。ウッドワンのキッチンで使える無垢材は家具や床材、船材などの材料として古くから世界中で使われています。腐朽にも強い無垢材を使っているので、アンティーク家具のようにキッチンを育てる感覚でお使いいただけます。

気になるのはお手入れですが、ウッドワンキッチンは木の風合いをそこなわない塗膜で守られているため、油や醤油などの調味料をこぼしても大丈夫です。乾拭きか水拭きでサッと拭くだけでシミになりません。汚れがひどい場合は、中性洗剤を含ませた布で拭き取れば問題ありません。

無垢の木に合わせるワークトップは人工大理石、ステンレス、人大×クオーツ、エンジニアドストーン、タイルカウンター下地、人工大理石コーリアンの中から選ぶことができます。ステンレスの中でも高級とされるSUS304を使用、錆びにくく衛生的に使えます。

木質総合建材メーカーのウッドワンだからこその無垢の木のキッチンで、無垢の木の味わいを存分に楽しむことができます。使いこむ道具に出る深い味わいは、本物の素材だけが出せる風格です。植林から商品まで一貫した自社生産を行っているウッドワンだからできる高品質をぜひお楽しみください。

ウッドワンのショールームを見てみる

これらのブランド、タカラスタンダード、トクラス、そしてウッドワンは、それぞれに独自の特徴を持ち、耐久性の高いキッチン製品を提供しています。自宅のキッチンを改装する際には、これらのブランドを検討してみてください。

まとめ

キッチンは家庭で欠かせない場所であり、見た目だけでなく機能性や耐久性も重視したいところです。しかし、数多くのキッチンメーカーが存在し、どれを選ぶか悩んでしまうこともあります。そこで、2024年版のキッチンメーカーのオススメ4選を紹介します。

キッチンを選ぶ際の悩みやポイントを整理すると、耐久性が高いメーカー使い勝手の良いメーカーを選びたいというニーズがあります。特に、夫婦で使うキッチンを選ぶ場合は、両者の意見を踏まえたメーカー選びが重要です。

この記事では、私の料理男子としての経験から、キッチン選びにおいて重視するポイントや、メーカーの特徴を解説しています。キッチンメーカーの選び方やショールームでのプラン作成など、具体的なアドバイスも提供しています。

また、耐久性の高いキッチンメーカーとして、クリナップ、タカラスタンダード、トクラス、ウッドワンの4つのメーカーを紹介しています。これらのメーカーはそれぞれ独自の特徴を持ち、耐久性の高いキッチン製品を提供しています。

自宅のキッチンを新築や改装する際には、記事で紹介されたメーカーを参考にして、自分たちに合ったキッチンを選ぶことで暮らしを豊かにすることができます

この記事を書いた人

執筆者ie守りのプロフィール・「材木・建材・住宅設備販売業」を営業職として15年以上勤務し、新築やリフォーム物件の建築資材を営業販売するお仕事をしています。

・家を建てる大工・工務店さんへ、「常に新しい商品を提案する」ことを心がけています。建築資材の営業販売の経験を生かした、建築会社から出てこない価値ある情報を発信します。

・「建築業界のリアルな体験談を発信して、後悔しない家づくりをして毎日がHappyになるための情報をお届けします」

Xアカウント:ie守り(いえもり)の家守りノートでは家づくりに関する最新情報を発信中です!

この記事に関して質問や相談、リクエストなどあればお問い合わせいただくか、(X)Twitterで DMください。お待ちしております。最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました