建材室内ドアのメーカーを選ぶポイントを建材のプロが解説します!【知得!】

家づくり
記事内に広告が含まれています。
iemori
iemori

建材屋のie守です。

家を新築・リフォームする中で建材の室内ドアのメーカーが多く、どのメーカーを選べば良いのか分からない方が多いのではないでしょうか?「どのメーカーも似たような感じだから建築会社にお任せです!」という方も多くいらっしゃいます。

せっかく新築やリフォームするならお洒落で長持ちする内装にしたいですね。住んでから後悔しないために、建材室内ドアのメーカーを選ぶ基本的なところを紹介します。

これから新築やリフォームする方の

こんな疑問にお答えします
  • 建具メーカーをどうやって選べばいいのか分からない!
  • 無垢建具と建材建具は何が違うの?
  • 無垢建具と建材建具はどっちが安いの?
iemori
iemori

室内ドアを見た目で選ぶ方がほとんどだと思います。

ドアのデザイン性も大事ですが、ドアは毎日使うので丈夫さ(耐久性)がとても重要です。すぐに傷が入ったりシートがめくれたり穴が空いたりしたら、お洒落なドアでも台無しです。

この記事では、建材建具の丈夫さ(耐久性)とメンテナンス性にスポットを当てて、失敗しないメーカーを選ぶポイントをお伝えします。

\電気を買わない生活をするなら蓄電池が必要です/

建具とは?どこの部分のこと?

建具は室内の開口部に取り付けているドアや引き戸、窓、襖のことです。廊下と部屋を仕切ったり、室外と室内を仕切る目的で取り付けされます。

建具の素材は天然木の無垢材(無垢建具)やシート貼りの建材(フラッシュ建具)、鉄やアルミや樹脂などがあります。この記事ではフラッシュ建具のメーカーを選ぶポイントを解説します。

iemori
iemori

フラッシュ建具とは木枠に合板を貼り、化粧のシートを貼った建具のことです。

出入り建具
 玄関や勝手口などに使われる引き戸やドアのこと

・窓建具
 サッシ窓や窓枠のこと

・外構建具
 門扉やフェンスなどのこと

・内部建具
 室内のドアや引き戸、襖や障子、クローゼット折れ戸などのこと

窓枠には無垢材がオススメです。材木屋のプロが無垢材をオススメする理由はこちらをご覧ください。

「無垢建具」と「建材建具」の違い

「無垢建具」と「建材建具」とでは建具の耐久性が変わります。無垢建具はおおよそ70年くらいの耐久性になり、建材建具はおおよそ30年くらいの耐久性になります。

建具コストは建材が70万円くらいに対して、無垢建具は95万円くらいになります。

1年当たりの価格にすると建材建具が2.3万円/年ですが、無垢建具は1.3万円/年になります。初期費用は無垢建具の方が高いですが、耐久性があり長く使えるのでトータル的に見ると無垢建具の方が安いコストになります。

iemori
iemori

1年当たりで見ると無垢建具の方が安くなりますね。

調湿効果もある無垢建具!

無垢建具は天然木材を使用しているので、木目が綺麗で優しい肌触りになります。調湿効果があり、傷補修も簡単で多少の傷は味になり、時間の経過とともに木材の油分が艶となり、ヴィンテージ感を増して美しく経年変化していきます。

無垢建具の欠点は天然木材なので「反りやねじれや割れ」が起こり、ドアの建付けが悪くなることもあります。

iemori
iemori

建材建具には必要ない、オイルやワックスでのメンテナンスが必要です。

デザインが豊富で安価な建材建具

建材建具は色や柄が豊富で、現場に合わせた設計がしやすく、サイズを細かく設定することができます。大量生産なので納期も早いため、現場施工の効率性がよくなります。

建材建具は無垢建具よりも安く、中身が空洞になっているので軽く、樹脂化粧シートは汚れや傷が付きにくいのでメンテナンスの必要ありません。

ただし、耐久性がおおよそ30年くらいと無垢建具よりも短く、化粧シートがめくれてくることがあります。

iemori
iemori

傷の補修は無垢よりも難しくなります。

\太陽光発電と蓄電池で電気を買わない生活ができます/

建材建具メーカー選びで失敗しないためにすること。

家を新築やリフォームする場合、工務店やハウスメーカーが標準仕様にしているメーカーを取り付けすることが多くあります。なぜなら常に扱っているメーカーなら施工方法が分かっていたり、常に使っているので特別単価が出ている場合があるからです。

iemori
iemori

お気に入りの建具メーカーがある場合は、その建具を取り扱い可能なのかを確認しましょう。

新築する場合には、完成現場見学会に行って「標準仕様のメーカーはどこか?」を聞いたり、現場で建具を触らせてもらったり、説明を聞いてみましょう。

建築会社へ「建具メーカーを変更することが可能なのか?」もしっかり確認しておきましょう。気に入ったメーカーがあってもメーカーを変えられない場合もあります。

メーカーのショールームへ行って実際に室内ドアを見て触れて、メーカーさんから直接説明してもらうのも失敗しない選び方です。

iemori
iemori

その時に聞きたいのが建具の構造と素材です。

建具本体の構造を説明してくれるメーカーが良いですね。コア部分の構造がしっかりしていて丈夫な建具メーカーが良いですね。

表面材の化粧シートの素材も確認しましょう。多くは「樹脂化粧シート」を使っています。このシートの素材によって汚れや傷の付きにくさが変わります。シートサンプルをもらって油性のマジックで書いて消してみたり、コインで擦ったりして汚れや傷の付き具合を確認すると良いですね。

デザイン性やコストも重要ですが、耐久性の高いメーカーを選ぶことで、シートのめくれや傷が入りにくい建具を使うことができます。

建具メーカーを選ぶポイント

室内ドアを好みのインテリアに合わせることは、これから快適に楽しく過ごすためにはとても重要です。

建具メーカーを選ぶポイントは
①デザイン性
②構造やシートの耐久性
③メンテナンス性

の3つのポイントでメーカーを比較することです。

①シンプルモダンや和モダン、ブルックリンスタイルやカリフォルニアスタイルなどテイストに合わせた建具を選ぶことで毎日の暮らしがとてもHappyになります。

②子供がいるとオモチャやボールを投げたり絵を書いたりと予想不能なことが起こりますので、構造もシートも丈夫な建具を選びたいですね。シートサンプルを取り寄せて、傷や汚れ具合を比較することをオススメします。

③クレヨンやマジックのような油汚れもサッと落とせて、傷も付きにくいようなメンテナンスが必要のないメーカーを選びたいですね。

まとめ

新築やリフォームで建具を選びますが、建具を扱っているメーカーが多く、どのメーカーにすれば良いのか迷ってしまいます。

特にこのメーカーのデザインが良い!という考えがないようなら、建具のメーカーをデザインで決めるのではなく、耐久性やメンテナンス性の高いメーカーを選ぶことで、後々で後悔することもなくなります。

時間があればメーカーショールームを数社回り、耐久性やメンテナンス性について話しを聞いてみると良いですね。そこまで時間が作れないようなら、建築会社へ数社のシートサンプルを用意するようにお願いしてみて下さい。

iemori
iemori

カタログだけで決めずに、建具の実物を見てから決めましょう!

耐久性の高い建材建具メーカーの化粧シートサンプルを集めて、シートサンプルの傷や汚れへの耐久性について実験しました。建材屋視点での耐久性の高い建具メーカーを以下の記事で紹介します。

住宅ローンをご検討中のあなたへ

住宅コストを少しでも安くするには銀行の借り入れ金利の比較検討をしましょう。
金利が高ければ返済額も大きくなるので、なるべく低い金利で融資を受けたいですね。低い金利設定で融資を受けるためには、他の銀行の金利を知ることです。

自分の年収から借り入れができる総額と月々の返済額を確認する

自分の年収から住宅ローンの借り入れがいくらまでできるのか?毎月いくら返済することができるのか?借り入れの総額と月々の返済額を確認することで、予算の範囲内で話しを進めることができます。

借り入れ額を含めた全ての予算から、選ぶことのできる建築会社が変わってきます。全ての予算の中で建てることが出来る建築会社を探しましょう。

借り入れ可能額は人それぞれで年齢や会社、家族の人数によって変わります。借入可能額シミュレーションを使って、借入れがいくらまで可能なのか確認しましょう。

住宅の総予算は「買える金額」ではなく「無理なく返せる金額」で考えましょう。

毎月の返済額をどれくらいにするのか、ご希望の借入金額や返済期間から、毎月の返済額を試算しましょう。

借り入れ額が決まれば毎月の返済額をシミュレーションすることができます。建築会社を決まる前に無理なく返せる返済額を決めておくことで家の設計プランをスムーズに進めることができます。

モゲチェック」は、自分に最適な住宅ローンが簡単に比較検討できます。希望する条件に合う住宅ローンが見つかれば、そのまま事前審査を行うこともできるサービスです。もちろん借り換え時に、返済額を減らせる最適な住宅ローンを探すことも可能なサービスです。

2015年からサービスを開始し、2022年7月時点で会員数は10万人を超えています。住宅ローン選びで「何から始めればいいかわからない!」モゲチェックで解決しましょう。

\無料でおすすめの銀行がかんたんに分かる/

建築会社が決まっていないあなたへ

ハウスメーカーと工務店のどちらで建てるのかが決まり、予算の総額、無理のない返済額が決まったら住宅情報誌を買い集めたり、ネットで理想の建築会社を検索して情報を収集しましょう。

iemori
iemori

そんな時に役に立つのが、一括請求サービスです。

どこでカタログを請求しても構いませんが、私がオススメするのは『タウンライフ』や『LIFULL HOME’S 住まいの窓口』『持ち家計画』の3社です。

提携企業数が多いので、あなたの求める自由設計ができる工務店やハウスメーカーもきっと見つかるはずです。

後悔しない家づくりをするためには、良い建築会社と出会うことがもっとも近道です。自分の理想を形にする会社と出会うためには、まずは情報収集が必要です。

情報収集なしで建築会社を決めることだけは避けた方が良いですね。一括請求サービスは無料なので多くの建築会社のカタログを収集しましょう。

住宅カタログ一括請求サイトは『タウンライフ公式』がオススメです。オススメな理由は提携業者が約1000社以上と一括請求サイトの中でも1番多く、見積もりと間取りプランをもらえるところです。希望すれば土地探しの提案がもらえます。

\無料で簡単3分で登録できます。毎月5000人が利用するサービスです/

カタログ請求するより実際に会って無料で中立なプロの意見を聞きたい方はLIFULL HOME’Sライフルホームズ住まいの窓口をチェックしましょう!

賃貸や住宅といった不動産に関する情報を提供している国内最大級の住宅情報サイトです。ハウスメーカーや工務店のこと、住宅ローンのこと、家を建てる進め方、まだ具体的に決まっていない方へのサポートが充実しています。

まだ何も決まってない方で何をすればいいのか分からない方、家づくりに時間を掛けたくない方には特にオススメです。実際に会って相談したり、オンラインで相談することができ、建築会社を紹介してもらえます。

来店相談でも、オンライン相談でも安心してご相談ください。はじめての家づくり講座やローコスト住宅講座など個別講座もあるので勉強したい方にオススメです。全て無料で使えます。

\注文住宅の無料相談はお客様満足度 99.1%/

カタログ請求の申し込みと一緒に「相談・見学の予約」を選択できるのが「持ち家計画」の特徴です。

こだわり条件の選択で、より条件が合う会社に出会えます。住宅に関する情報やコラムが充実しているので、家づくりの勉強をしたい人にオススメです。

下の記事では「持ち家計画」が安心して利用できるサービスなのか、実際に利用してまとめました。特に難しい設定などはなく、簡単な操作で3分くらいで入力は終わりました。2社のカタログ請求をしましたが、入力してから2日後にはカタログが届きました。

\住宅建築のプロを紹介します!紹介実績5万件突破!/
この記事を書いた人

執筆者ie守りのプロフィール・「材木・建材・住宅設備販売業」を営業職として15年以上勤務し、新築やリフォーム物件の建築資材を営業販売するお仕事をしています。

・家を建てる大工・工務店さんへ、「常に新しい商品を提案する」ことを心がけています。建築資材の営業販売の経験を生かした、建築会社から出てこない価値ある情報を発信します。

・「建築業界のリアルな体験談を発信して、後悔しない家づくりをして毎日がHappyになるための情報をお届けします」

Xアカウント:ie守り(いえもり)の家守りノートでは家づくりに関する最新情報を発信中です!

\電気を買わない生活をするなら蓄電池が必要です/

コメント

タイトルとURLをコピーしました