【新しい暮らし方の】スマートホームにオススメの「SwitchBot」の特徴を徹底解説!

家づくり
記事内に広告が含まれています。

ie守りです。

自宅の「スマートホーム化」はしていますか?

「こんなのあったらいいな!」と思っていた商品が現実に商品化され、暮らしを豊かに便利にする「スマート家電」が出揃ってきました。

今までの暮らしの中の「面倒臭い」を「スマートホーム化」をすることで「快適な暮らしを実現」することができます。

新築などで、IoT家電を音声操作したり、スマホやタブレットを使ってIoT家電をリモート操作が可能です。

これから新築する方の

こんな疑問にお答えします
  • スマートホームは何ができるの?
  • 新築に使えるIoT家電は?
  • SwitchBotは何ができる?

この記事ではスマートホームの基本的なところから、新築に取り入れやすいIoT家電を紹介し、100万世帯に選ばれているSwitchBotのオススメIoT家電をご案内しています。

この記事を読むことで自宅の快適な暮らしを実現することはもちろんですが、看護や介護・子育てやペットの飼育にも役立ちます。

\公式サイト限定!/
\毎週火曜日、24時間限定タイムセール開催!/

スマートホームとは?

スマートホームとはIoTやAI(人工知能)の技術を使って、「テレビや照明器具やカーテンなどの家電、換気システムやインターホンなどの住宅設備」とアプリやスマートスピーカーで一括管理できる住宅のことです。

スマートホームに対応した住宅のことをIoT住宅と呼ぶこともあります。

IoTとは「Internet of Thinsgs」の略で、直訳すれば「モノのインターネット」という意味になります。

iemori
iemori

簡単に説明すると、家電・住宅設備・電子機器・住宅・車などの「モノ」がインターネットにつながる仕組みのことです。

例えば、テレビやエアコン、照明や玄関キーなどの生活に欠かせない「モノ」と「スマホやスマートスピーカー」をインターネットでつないで、遠隔操作・自動制御・管理をすることができます。

これからさらに開発・発展していき普及が進み、2023年以降はIoT家電の消費が高まり、スマートホーム化が当たり前の世界になると予想されます。

スマートホームは何ができる?

スマートホームは、スマホやスマートスピーカーを使って家電や住宅設備を「操作・制御・管理」する仕組みで、導入コストや工事手間がそれほど掛からないのが特徴です。

iemori
iemori

具体的に何ができるのでしょうか?

家電の遠隔操作ができる

●テレビやエアコン、照明や玄関キーやカーテンなどの家電が、インターネットに直接つながるので、スマホやスマートスピーカーを使ってリモコン代わりに家電を遠隔操作ができます。
●スマホ1台でどの家電も操作可能です。

外出先から家の様子を見ることができる

●見守りカメラを使えば、一緒に暮らす子供やペットや高齢者の様子を外出先から見ることができます。
●侵入者や不審者を検知して警報音で撃退します。
●不審者が侵入した瞬間に追跡して行動を記録します。
●不審者が侵入した瞬間にアラート通知が届きます。
●双方向音声会話ができ、アレクサで様子を確認できます。

自宅の防犯対策ができる

●スマートロックはスマートスピーカーで解施錠、アプリで解施錠、Apple Watchで解施錠、NFCタグで解施錠、パスワード解錠、指紋解錠ができます。
●外出先から鍵の状態を確認することができ、遠隔操作(解施錠)できます。
●ドアの状態を検知して、ドアが開くとスマホに通知が届きます。
●オートロックで鍵が自動で施錠できます。
●帰宅時には解錠した瞬間にテレビやエアコンや照明が自動でオンにすることができます。
●ドアと鍵の状態をいつでも把握できるアラート通知ができます。

家電の状況をモニタリングできる

●家電の消費電力などを統計できる。
●外出先から家電の状況を把握することができる。
●無駄な電力の消費を抑えながら効率よく家電を制御できます。
●家電を効率よくコントロールすることより、電気料金を節約できます。

室内の「温度・湿度・照度」を管理して健康的な生活ができる。室内環境を可視化して、温湿度計と連携、換気システムや加湿器のオン・オフを自動化できます。

新築のスマートホーム化はもちろんですが、古い家でもスマートホーム化をすることができます。

築100年の古民家にIoTの技術を融合することも可能です。

少し不安だった玄関ドアや木製の玄関ドアにスマートロックを付けることで防犯対策にもなり鍵を持ち歩く必要もなくなります。

スマートホームのメリット、デメリット

メリット①簡単操作で利便性が向上

スマホやスマートスピーカーなどで家電の遠隔操作や音声操作ができるようになることで、家電の操作がシンプルになります。

今までは家電などのモノを触らないと操作できなかったモノもスマホアプリで遠隔操作できたり、料理をしながらスマートスピーカーでテレビ番組を変えたり音楽の曲を変えたりできます。

ムダな動作を省いてムダに使っていた時間を、有意義に意味のある時間の使い方にすることができます。

複数のIoT家電をまとめて1つのスマホで制御できるので複数のリモコンが必要なくなります。

玄関の鍵がいらなくなり、スマホで解錠・施錠を操作でき、外出先でも遠隔操作ができる。鍵の閉め忘れも外出先から確認できてドア・鍵の状態をアラート通知までくる。

玄関の鍵が開いた瞬間に他の家電と連動して、照明・テレビ・エアコンなど自動でオンすることができるので無駄な動作を省くことができる。

起きる時間や寝る時間にタイマー設定することで時間に合わせた「オン・オフ」ができます。起きる時間にカーテンを開けてテレビを付けたり、寝る時間にテレビや照明を消すこともできます。

メリット②防犯性能の向上

見守りカメラは赤ちゃん・子供・高齢者・ペットの様子を外出先からでも見守るだけではなくスマホアプリとカメラで会話までできる。

ドアセンサーと人感センサーで外出の有無や、ドアセンサーを感知して子供が帰宅したらアプリのメッセージ通知がくる。

侵入者を検知して、外部の警備サービスと連携してホームセキュリティーとして利用することができる。

メリット③省エネ性能の向上

時間設定や温度・人感・ドア・日照などのセンサーで制御するのでムダを省いて賢く節約することができます。HEMSと連携して使用した電気量を見える化することもできます。

人がいないところは照明やテレビやエアコンを自動的にオフにしたり、外出先から電気の消し忘れをオフにすることもできますので省エネ性能が向上します。

デメリット①導入の初期費用が必要

当然、導入する初期費用は必要になります。大がかりなシステムを導入する場合はそれなりの費用がかかりますが、一つ一つで見ればそこまで高額な商品でもありません。

スマートロックが1万円代とそんなに高くないのでスマートロックから始めるのはどうでしょうか?

デメリット②設置や設定する知識が必要

設置するのに多少の知識が必要ですが、配線がたくさんあるわけではないので誰でも設置ができます。

インターネットやスマホやスマートスピーカーの設定が必要です。

デメリット③ネットワークセキュリティーの対策が必要

サイバーセキュリティーが脆弱だと外部からサイバー攻撃を受けてしまう恐れがありますので十分なセキュリティー対策が必要です。

スマートホーム何が必要?

スマートホーム化を実現するには以下のモノが必要になります。

  • スマートスピーカー
  • スマート家電
  • Wi-Fi環境(インターネット環境)
  • ブロードバンド回線

スマートホーム化をするには、IoT家電を制御・管理するスマホやタブレット、スマートスピーカーが必要になります。

スマートスピーカーにはAmazon、Google、Bose、Appleなど多くのメーカーがあります。

その中でもie守りがオススメする音楽重視・音重視で選定した機種を3つだけご紹介します。

僕が欲しいのはこのスマートスピーカーです。

▼Bose Smart Speaker 500

パワフルな重低音が魅力のBoseのスマートスピーカーは「Googleアシスタント」と「Amazon Alexa」の両方を対応しています。Wi-Fiスピーカー、ポータブルBluetoothスピーカー、スマートスピーカーの機能が全て揃いBoseのステレオサウンドが、部屋中を包み込みます。

Amazon Echo Studio

AmazonのAlexa対応スマートスピーカーは5つのスピーカーにDolby Atmos技術が明瞭な低音、ダイナミックな中音、そして歯切れの良い高音で没入感のある立体的な音景を作り出し、スタジオ品質のオーディオで様々な角度からあなたを包み込みます。

▼Apple Japan HomePod 第2世代

AIアシスタント「Siri」を搭載したAppleのスマートスピーカーで2023年2月発売の最新モデルはiPhoneユーザーにおすすめな1品です。高偏位ウーファー、5つのビームフォーミングツイーターアレイ、空間オーディオ、室内検知機能が臨場感あふれる、原音に忠実な音をお届けします。

家電を「一括管理、操作する」スマホやスマートスピーカーの他に、「遠隔操作をしたい」テレビやエアコン、照明や玄関キーやカーテンなどのIoT家電が必要です。

また、家電や設備を動かす通信容量が必要で容量が少ないとスムーズに動かすことができないのでご自宅のネット環境はしっかり確認して容量が少ない場合は契約内容を変更しましょう。

インターネット接続ができない古い家電は、スマートリモコンやスマートプラグを使えば遠隔操作が可能になります。

利便性を上げるには何をスマート化するのかを検討し、一緒に住む人も快適に暮らしが豊かになるデバイスを導入しましょう。

スマートホームにオススメな新築に使えるIoT家電は?

スマートホーム化できる家電が数多く出ています。後付けできるモノが多いので、新築して住み始めた後に取り付けできます。中には新築の際に取り付けをしたほうが良いモノもあるので設計の段階でスマートホーム化の計画をしましょう。

特にコンセントは多く必要になってきますので計画的に取り付けをしましょう。

中でもお風呂は設計段階で決めましょう。

入浴前のお湯はりや暖房、入浴後の浴槽掃除や床の洗浄ができるメーカーもありますので、チェックしておきましょう。

スマートスピーカーと連動すれば「アレクサ、お風呂にお湯を入れて!」と家事をしながら声をかけて遠隔操作をすることができます。

入浴後のお掃除は自動洗浄におまかせ | TOTO
TOTOのお風呂なら、入浴後のお掃除は自動洗浄におまかせ

続いて新築時に付けておきたいのは玄関ドアホン(インターホン)です。

訪問者がドアホンを押すと、スマホやタブレット等に通知が来るので、リアルタイムに映像と音声で来客応対できます。家の中はもちろんですが、外出中でもスマホで応対できますので、子供の帰宅時に会話したり、宅配便の再配達をお願いすることも可能です。

ie守りが使いたいスマホで対応できるドアホンはこちらです。

▼Panasonic VL-SWZ700KS

ドアホンのスマートホーム化の初級編、安定の国内産は室内モニターと子機もセットです。ワイヤレスカメラをつなげれば家の外の様子を確認できます。

▼Amazon Ring video doorbell4 

訪問者の今まで見えなかった秒数を最大4秒まで見ることができます。ライブ映像機能で玄関先の様子をいつでもスマホから確認できます。

▼Google Nest Doorbell 

リアルタイムで訪問者に対応でき、事前に設定したメッセージで応答することもできます。過去にさかのぼって何が起きたのか確認できる機能もあります。

外出先で訪問者の対応ができるのはもちろんですが、防犯対策にもなるドアホンを新築時に取り付けしたいですね。

新築時に取り付けしておきたいモノはスマートシーリングライトです。

外出先からスマホでシーリングライトの確認ができて、消し忘れた場合にはオフにすることができます。またスマートスピーカーから音声で照明をコントロールできます。

人感センサーと組み合わせることで、部屋に入ったら自動で照明が付くようにすることも可能です。

\公式サイト限定!/
\毎週火曜日、24時間限定タイムセール開催!/

SwitchBotについて

会社名 SWITCHBOT株式会社
所在地 〒150-0041 東京都渋谷区神南1丁目11番地4号FPG links JINNAN 8F
運営統括責任者 Connery Lee(コネリー・リー)
2015年設立し日本国内での累計の販売台数が2022年で200万台を突破しました。

【SwitchBot今後の展望
人の指の代わりになる「ボット」をはじめ、人の目の代わりになる「見守りカメラ」、人の手足の代わりに掃除を行なう「ロボット掃除機」など、IoRTの概念を具現化する製品の展開によって、「物理的作業はロボットに任せ、人は人にしかできない作業に没頭できる世界の実現」を目指します。

SwitchBotは何ができる?

SwitchBotは、世界100以上の国や地域へ向け、IoTスマートホームデバイスの企画、製造、販売を行うグローバルブランドです。

SwitchBotはなんと言っても製品が豊富にあり、新しい製品も続々と登場してきます。

豊富な製品と、スマホやスマートスピーカーと連携することで、できることがたくさん増えてきました。

ロボット掃除機、防水温湿度計
ドアロック
Hub Mini と Hub 2
屋外カメラ
ボット
見守りカメラ と 見守りカメラ 3MP
屋内カメラ
シーリングライト
ドアロックキーパッド& 指紋認証パッド
ブラインドポール
スマート電球
開閉センサー
人感センサー
加湿器
プラグ・プラグミニ
リモートボタン
カーテン
温湿度計

インターネットに接続できる家電はもちろんですがネット接続ができない古い家電までもスマホやスマートスピーカーでコントロールや管理することがSwitchBot製品で可能になります。

SwitchBot製品のセンサーとドアロックを連携すればセンサーに反応してドアの施錠が解除する仕組みを作ることも可能ですのでご自宅のスマートホーム化にSwitchBot製品を使ってみてはいかがでしょうか?

SwitchBotオススメ3選

新築にもリフォームにも使える、SwitchBotの製品の中で取り付けが簡単なオススメするIoT家電はこちら!

SwitchBotドアロックセット

取り付け簡単!

防犯に不安な少し古い玄関ドアや、カッコイイ木製玄関ドア、店舗や事務所のドアに、スマートロックを付けることで指紋認証やパスワードで鍵を開けれるようにできます。

スマートスピーカーやApple Watchと連動して解施錠でき、外出先からでもスマホから鍵の状態を確認でき、うっかり鍵をかけ忘れた場合でも施錠することが可能なのでとても便利で防犯性も高いのが良いですね。

SwitchBot プラグミニセット

コンセントにさすだけで!

今ある家電にSwitchBotプラグミニを使えば簡単に家電をスマート化することができます。

スマート化することで、決まった時間に自動でオン・オフができ、外出先から操作も可能、消費電力を確認して家電の状態をスマホで把握でき、スマートスピーカーと連携させれば音声操作が可能、さらにはSwitchBot開閉センサーと連携させることで家を出たら家電を一斉にオフにすることも可能です。

▼SwitchBot 屋内外対応防犯カメラ

屋外カメラと屋内カメラを装備して、家族も財産も自分たちでしっかり守る!

SwitchBot 屋内カメラ

SwitchBot見守りカメラは300万画素の高画質に上下115度・横360度の全方位型の視野で動体検知機能や自動追跡、音声警報アラートなどの機能で子供やペット、高齢者の様子をいつでも見守ることができます。

クリアな画質で外出先からいつでも部屋の様子を確認できて、通話もできます。開閉センサーやハブミニと連携すれば、外出時にセキュリティーモードを自動でオン、帰宅時にはプライバシーモードを自動でオンにすることが可能になります。

SwitchBot 屋外カメラ

配線不要で外のどんなところにも取り付けができる!

動体検知機能で人やペットを検知するとアラームで通知を受け取ることができます。

双方向の通話が可能で外出先からもリアルタイムにコミュニケーションが可能です。動きが検知されたらSwitchBotカーテンを閉めることもできます。

SwitchBot公式サイトでの購入なら毎週火曜のタイムセールで屋内外対応の防犯カメラセットがお得に購入できます。

\公式サイト限定!/
\毎週火曜日、24時間限定タイムセール開催!/

キャンペーンで安くなる?

毎週火曜日の0時 ~ 23時59分の24時間、時間限定でタイムセールを実施しています。

SwitchBot公式サイトからの購入のみになります。

毎週火曜にお買い得品が変わりますので火曜は要チェックですね!

SwitchBotポイントを使ってまた貯める!最大4,500円OFFのクーポンを交換できます。

SwitchBot会員限定です。

\公式サイト限定!/
\毎週火曜日、24時間限定タイムセール開催!/

まとめ

AIの発展によりこれから先、未来の生活が大きく変わっていきます。

その発展の中の一つにスマートホーム化があり、利便性が上がり暮らしが豊かで快適になってきました。

外から帰り、スマホや指紋認証で玄関ドアのロックを解除すると同時に、照明・エアコン・テレビが付きカーテンが閉まるような生活スタイルがこれからはスタンダードになるでしょう。

手が離せない場面ではスマートスピーカーのAIアシスタントに呼びかければ、テレビのチャンネルや音楽を変えたり、照明のオンオフもできます。

子供や高齢者やペットを外出先から見守り、家の防犯対策も手頃な価格ででき、スマホからいつでも家の状況を確認できるのでムダに心配する必要も無くなります。

家を建てる前に「どんな快適な暮らし方をしたいのか?」そのために「何が必要か?」を予算とも相談して、「一緒に住む家族にも理解してもらう」といったことも考えて、設計や間取りを構築していくことが重要になってきます。

古い家電でもスマート化できるデバイスもあります。

「SwitchBot」は自宅をオートメーション化するための製品を多数展開しています。他社のスマートホーム製品よりも圧倒的に多いのがオススメする理由の一つです。

これから来るスマートホーム化の波に乗り遅れないように快適さを感じてみてはいかがでしょうか?

\SwitchBotが未来を変える/
\毎週火曜日、24時間限定タイムセール開催!/
この記事を書いた人

執筆者ie守りのプロフィール
・「材木・建材・住宅設備販売業」を営業職として15年以上勤務し、新築やリフォーム物件の建築資材を営業販売するお仕事をしています。

・家を建てる大工・工務店さんへ、「常に新しい商品を提案する」ことを心がけています。建築資材の営業販売の経験を生かした、建築会社から出てこない価値ある情報を発信します。

・「建築業界のリアルな体験談を発信して、後悔しない家づくりをして毎日がHappyになるための情報をお届けします」

Xアカウント:ie守り(いえもり)の家守りノートでは家づくりに関する最新情報を発信中です!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました