【最強】ライフプランの作り方と返済可能な借入額の決め方を解説!

家づくり
記事内に広告が含まれています。

材木屋で働くie守りです。

銀行の審査が通り、住宅ローンの借入額を決める前にやっておきたいことがあります。

それはFP(ファイナンシャル・プランナー)に「住宅ローンの返済計画の相談」をすることです。

「借入額を決めること」は今後の生活を左右する重大な決断です。

子供が大きくなり出費が多くなっても苦しくならないように、無理なく返済できる借入額をお金のプロに相談しましょう。

これから家を新築される方の

こんな疑問にお答えします
  • FPって何ができるの?
  • FPに何を相談すればいいか分からない。
  • どうやって借り入れ額を決めればいい?

この記事では、FP(ファイナンシャル・プランナー)にライフプランを作成してもらい、無理なく返済できる借り入れ額を決めることをオススメしています。

この記事を読むことで、FP(ファイナンシャル・プランナー)のことから、ライフプランシミュレーションの重要性が分かり、シミュレーションをして家族に合った理想の返済額が分かるようになります。

\お金の悩みはスッキリ解決!/
>会員登録100万人突破!

FP(ファイナンシャルプランナー)とは

FP(ファイナンシャル・プランナー)はお金に関する豊富な知識を持つ専門家です。

家計のこと、老後資金のこと、資産運用のこと、住宅購入・ローンのこと、ライフプラン、保険選びのことなど、幅広い知識を備え「暮らしやお金」のお悩みを解決します。

人生の目標や夢を叶えるために、家族状況や収入と収支の内容、ライフイベントなどあらゆるデータを集めて資金計画を立てて、夢や目標の実現に向けてサポートするお仕事をしています。

FPをオススメする理由

家を新築するにあたり、一番の不安はお金の悩みです。

今の収入で家を購入することができるのか?

無理なく返済できる住宅ローンの額はいくらなのか?

固定金利と変動金利はどっちがいいのか?

など、お金の不安がたくさん出てくると思います。

iemori
iemori

そんな不安を解決してくれるのがファイナンシャルプランナーです。

物価上昇や住宅の高性能化により、住宅購入価格は上がってきています。

金利も徐々に上がり、借り入れの総額が上がっている中で、借り入れが出来なくなっている人が増えてきています。

●今の年収でいくら借り入れできるの?
●頭金はいくら用意すればいいの?
●固定金利と変動金利ではどちらが損しないの?

などの住宅購入の難しいお金のことは自分で勉強するよりも、お金のプロへ相談することで早く解決できます。

お金のことに時間がかかってしまい金利や物価が上がってしまい、住宅購入価格が上がってしまっては元も子もありません。

収入と支出を一緒に把握して、家の修繕や子供の教育などお金が必要となるライフイベントを整理してライフプランをファイナンシャルプランナーと作成しましょう。

iemori
iemori

お金が必要になる時期やいくら必要なのかが分かります。

住宅購入の悩み以外にも

●家計の収支について
●老後資金について
●資産運用について
●保険選びについて
●結婚・妊娠・転職・退職のお金の悩み

を幅広い知識でファイナンシャルプランナーが一緒に解決します。

建築会社を決める前に、無理なく返済できる住宅購入価格を決めておきましょう。その後の建築設計がスムーズに進めることができます。

\お金の悩みはスッキリ解決!/
>会員登録100万人突破!

保険チャンネルをおすすめする理由

そこでオススメするのが保険チャンネルです。

保険チャンネル」なら簡単にたったの1分であなたの家計状況や未来のお金の収支バランスをシミュレーションができます。

全国に対応していて会員登録者数は100万人以上です。

ライフプランの作成はファイナンシャルプランナーに無料で相談することが出来ます。無料で何度でも気軽に相談できるところがメリットです。

ファイナンシャルプランナーの登録者数も多く、県別でFPを探せばFPの顔で選ぶこともできます。

無料オンライン相談や無料セミナーもでき、保険チャンネルのFP相談は無料で何回でも相談可能です。

提案商品の販売実績に応じて、保険会社等の商品を提供している会社からの手数料で運営しているため、相談者には無料となっています。

お金に関するノウハウが学べる!「保険チャンネルの無料セミナー」を全国各地で参加費無料で開催しています。

iDeCoとNISAの資産形成のキホン講座や賢いお金の貯め方・活かし方マネーセミナーなど、お金に関するアレコレを学べます。

会場では講師の熱を肌で感じながら学ぶことができます。ただし会場に行けない場合はWEBセミナーのLIVE配信で学ぶことも可能です。

お役立ちコラムも内容が充実しているのが保険チャンネルを使うメリットです。お役立ちコラムでは保険やお金、暮らしに役立つ情報を発信しています。

保険コラムでは社会保険の疑問や、生命保険各種の基礎知識や選び方のコツなどをUPしています。

マネーコラムでは勤続年数が短くても住宅ローンが組めるのか?審査では何を見ているのか?などなど住宅ローンに関係する多くの疑問を解説しています。

「保険チャンネル」は家計診断から保険の見直しまで、お金のプロに無料で相談することができます。

\お金の悩みはスッキリ解決!/

保険チャンネルの体験談

保険チャンネルの評判や口コミをGoogleやTwitterで検索してみましたが、有益な情報は出てきませんでした。

保険チャンネルに相談した方の体験談を載せておきます。

神奈川県 / 住宅購入相談 / 30代 / 男性 / 夫婦
結婚を機に住宅ローンと生命保険の新規加入を相談

住宅ローンはどれくらい借りられるのか、どれくらいなら無理なく返済していけるのか、FPさんに住宅ローンの返済シミュレーションをしてもらいました。ところが、自分の収入に対して借りられる金額は、自分がイメージしていたよりも厳しい金額になりそうだとわかり、計画を変更したんです。
その相談をしていたときは、市内で土地を購入して家を建てようという計画で土地探しをしていたのですが、返済シミュレーションの結果も参考にしながら考えたところ、やはり郊外に建てたほうがいいのでは、ということに。
最終的には、郊外にある親族の土地に家を建てられることになったので、土地を買わない分、住宅の予算を下げることができて、さらに無理のない計画になったと思います。

FP相談 保険チャンネル

宮城県 / 資産運用 / 30代 / 男性 / 夫婦
マイホームの資金計画も自分たちに合わせて

ゆくゆくは家を建てたいという話をしたら、そのためにはどれくらい頭金が必要か、それまでに毎年いくらずつお金を貯めていけばいいかなど、細かく教えていただいて参考になりました。
自分たちだけではなかなか想像がつかないですし、インターネットで調べれば目安の金額も出てくるけれど、どれを信じていいか分からない中、私たち夫婦の状況に合ったプランを目の前で出してもらえて良かったです。

FP相談 保険チャンネル

運営会社のリクルートは信頼できる?

保険チャンネルの運営会社は、リクルートエージェントやリクナビなど転職サイトや、ゼクシーやじゃらんやホットペッパーなど様々な事業を展開している株式会社リクルートです。

東証一部情報の大企業なので、運営元がしっかりしています。

大企業なので、個人情報の取り扱いや、登録されているファイナンシャルプランナーにも安心して相談できます。

リクルートの保険比較サイト『保険チャンネル』

今の自分や家族に最適な保険を、保険料や各サービスを比較して選ぶことやお金についての不安をファイナンシャルプランナーと相談することができるサービスです。結婚や出産、自動車購入、引っ越しや住宅購入、レジャーや旅行といったライフシーンに合わせた様々な保険を探すことができます。家族や医療の保険、自動車・バイクの保険、旅行の保険、スポーツや怪我の保険、住宅や財産の保険など、掲載保険プラン数は国内最大級です。 また、知っておきたい保険の知識をわかりやすく解説したコラムは保険選びに役立ちます。 iPhoneやAndroidに対応した『保険チャンネル』は、スマートフォンからも見やすく選びやすいサイトです。

(株) リクルート

保険チャンネルを使うライフプラン作成をオススメする訳!

ライフプランの作成は工務店やハウスメーカーでも行っていますが、全ての建築会社でプラン作成をしているわけではありません。

ライフプラン作成で注意したいところは、ファイナンシャルプランナーの相談料がどこで発生するのかを確認する必要があるところです。

わたくしie守りは、工務店と業務提携している火災保険の営業の方にライフプランを作成してもらいました。そのため、火災保険に加入することが相談料になっていました。

火災保険は必要なので保険に加入するのは良かったのですが、更新するときに他の保険会社と金額を比較したら保険料が少し高かったことがありました。

そのようなことがありますので、ライフプランは工務店やハウスメーカーにやってもらうのではなく、ご自身で保険チャンネルのような保険比較サイトで無料相談することをオススメします。

建築会社へ相談に行く前にライフプランを作成して、無理なく返済できる住宅購入価格を決めておきましょう。

1分でライフプランシミュレーションを実践する

それでは実際にライフプランシミュレーションを始めましょう。

まず初めに、「ライフプランシミュレーションを始める」をクリックしてログインしましょう。

リクルートIDをお持ちでない方は「新規会員登録」へ進んでください。

リクルートIDにメールアドレスを入力して「仮登録メールを送信」してください。

すぐに認証キーが付いた返信メールが届きますので認証キーを入れて会員情報入力画面に切り替わります。

パスワード、お名前、生年月日、性別、自動ログイン、メールマガジンの入力をしたら「確認画面へ」進んでください。

会員情報の確認をして「登録する」をクリックするとライフプランシミュレーションの詳細入力の画面に移ります。

詳細を性別から順に入力していきます。自分の手取り給料とボーナス、妻の手取り給料とボーナス、全ての項目を入力していきます。

支出についてもなるべく正確な費用を入力しましょう。

最後に「同意してシミュレーション結果を表示する」ボタンを押すと下のような結果が出ます。

シミュレーション結果を見ると、60歳の退職してから収入が無くなり支出が増えて66歳がマイナスのピークです。

その後、年金支給が開始されて継続的に収入が増加するので85歳には貯金が1,600万円になるシミュレーション結果でした。

住宅の支払い8万円/月を35年の残りローン年数で設定しています。

その住宅の支払い13万円/月を35年の残りローン年数で設定したものが左の結果になります。

住宅の支払いを増やしたのでマイナスが大きくなりました。85歳の貯金はマイナス483万円です。

このプランでは支出が大き過ぎるので住宅の支払いを減らしてバランスを整える必要がありますね。

60歳になってからの退職後の収入を増やしてマイナスにならないように調整したいですね。

この簡易シュミレーションでは全体の収支バランスは分かりますが、細かいところが分かりにくいので、細かくシミュレーションすることをオススメします。

ファイナンシャルプランナーが使っているシミュレーションソフトは、お金の収支を細かく入力できます。

ファイナンシャルプランナーに無料相談をして、家計状況を把握して、未来のお金の収支バランスが整うような、月々の返済が無理のない借り入れ額を決めましょう。

\人生のお金の見える化をしよう/

まとめ

新築を依頼する建築会社を決めるまでの、家を建てるために最初にすること4つの手順として

①家族の意見を集めて理想を見える化する。
②工務店で建てるのか、ハウスメーカーで建てるのかを絞っていく。
③ライフプラン設計をする。
④建築会社の資料を集める。

手順通りに進めることが大切で、その中のライフプラン診断をして無理のない返済額を確認することがとても重要です。

この「家守りノート」では建築会社を決める前にライフプラン作成をしておくことをオススメしています。

自分の今の年収でいくらまで借り入れができるのか、収入やライフスタイルから将来の家計を予測し、老後の資金がなくならないようにシミュレーションします。

このお金のシミュレーションから最適な借り入れ額を割り出します。

土地・建物・付帯工事の総予算を割り出してから建築会社を決めた方が、その後の間取りなどの建築設計図の作成がスムーズに進めることができます。

その他にも「保険チャンネル」では無料オンライン相談や無料セミナーを各地で開催し、お役立ちコラムも内容が充実していますので、お金の不安を無くして最適な返済額を決めてから建築会社を決めましょう!

\お金の悩みはスッキリ解決!/
>会員登録100万人突破!
この記事を書いた人

執筆者ie守りのプロフィール
・「材木・建材・住宅設備販売業」を営業職として15年以上勤務し、新築やリフォーム物件の建築資材を営業販売するお仕事をしています。

・家を建てる大工・工務店さんへ、「常に新しい商品を提案する」ことを心がけています。建築資材の営業販売の経験を生かした、建築会社から出てこない価値ある情報を発信します。

・「建築業界のリアルな体験談を発信して、後悔しない家づくりをして毎日がHappyになるための情報をお届けします」

Xアカウント:ie守り(いえもり)の家守りノートでは家づくりに関する最新情報を発信中です!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました